新潟競馬場へのアクセス

新潟競馬が開催されている。

7/30の新潟ジャンプステークスと7/31のアイビスサマーダッシュを観るために新潟競馬場へ行って来た。

この競馬場はJRA屈指の僻地にある競馬場で駅から徒歩で行ける位置には無い。最寄りは豊栄駅だが、この駅から4kmは離れているので、夏に徒歩で行くのは自殺行為だろう。

因みに自家用車でのアクセスはかなり便利で自動車専用道路直結と言ってもいいほど近くに新新バイパスが通っている。駐車場も無料だ。因みにこのバイパスは新潟と新発田を結んでいるので、宿泊するなら新発田を選んで名物のジャンボ焼売を食べるのもいいだろう。

行き

コロナ禍という事もあって新潟駅からの直行バスがメインとなる。万代シティ発の路線バスと新潟駅発の空港口経由の路線バスがあるが、座って行きたいなら万代シティが始発地のバスに乗った方がいいと思う。ギリギリにバス乗り場に行っても座る事が出来るが、新潟駅からは満員になる。

直行は行列の長さを見て決めよう。

新潟駅始発のバスも13:40頃に出るバスは空いている。新潟競馬場着はほぼ1時間後なのでメインレースしか観ないというならこれはお勧め。

どの路線も料金は同じ580円だったか?600円はしない。どの路線もSuicaが使える。

万代シティ始発の系統は途中、新崎駅前(バス停は道路上で駅前には入らない)に停車するが、ここから数人乗り込んでくる。新潟競馬場行きでここから乗るのはお勧めしない。

という事で、メインレース(とその前の1レースくらい)を見たいならE23系統の午後便がお勧め。

もうちょい早く観戦したいなら万代シティからE44系統に乗ろう。

とにかく早く行きたいなら立ち席覚悟で新潟駅南口発の競馬場直行バスで行こう。

帰り

新潟交通が悪いのかJRAが悪いのか、どんなに長い行列ができていても増発も増便もしない。

00分発のバスは東京の帰宅ラッシュ以上にギュウギュウの状態になるまで人を乗せるし、10分発のバスは満員になっても10分になるまでは新潟競馬場から離れない。花火大会や祭典輸送でそれなりに波動輸送の経験はあるはずだが、なんでこんな事になるのか解らない。

直行バスは11レースが終わったらすぐ並ばないと1時間待つ事になるし、待った挙句立ち席で35分近くバスに揺られる事になる。ただし、観光バスタイプのバスが来る事もあり、そうなると補助席込みで全員着席となるのでラッキーだ。

バイパスは事故でも起きない限り渋滞は無く快適に走行可能だ。競馬場の入場が制限されているので渋滞のしようがないのだろうと思う。来年はどうなっているか分からない。

立ち席で帰るのは嫌だからとタクシーを待つのもお勧めしない。

11レースを観たらすぐ並ばないと大変な事になる。私は11レースの表彰式まで見てからタクシー乗り場に行ったが、長蛇の列が出来ており、1時間待った。見た感じ4台くらいのタクシーでやりくりしているようだった。タクシーの運転手さんも波動輸送を期待して、さぞ沢山のタクシーが待機しているんだろうと思ったが、それは間違いだ。

どうしてもタクシーを使いたいなら予約しよう。むしろ予約しないとタクシーに乗れないと思っていた方がいい。

タクシーも直行バスも長蛇の列なら、新崎駅経由のバスを使って新崎駅からJRを使うのがお勧め。行きではお勧めしない新崎駅利用だが帰りはぜひ使うのが良いだろう。

 

コロナ禍という特殊な状況だが、どうしたら自家用車以外の来場者を捌く事が出来るだろう。

私は新潟駅からの直行バスをやめて、豊栄駅から新潟競馬場へのバスをひたすら運行するのが良かったのではないかと思う。幸い新潟競馬場は直行以外にも2系統の路線バスがあるので鉄道へ乗り換えを嫌う人はこちらを使う事が出来るし、豊栄駅から新潟駅へは概ね20分に1本の電車が出ているのでバスで運んだ来場者を電車が積み残す事はないと思う。

また豊栄駅までバスなら10分程度なので競馬場から新潟駅を往復すると80分程かかるが、豊栄駅から新潟競馬場なら往復30分程度で済む。1台でより多くの人を運ぶ事ができる。何より満員の状況から10分程度で解放される。

 

来年もコロナ禍が続くのか分からないが、もし続くようなら豊栄〜競馬場間のピストン輸送を検討してもらいたい。

 

新船橋橋の状況を見て来た

船橋橋は船橋橋の近くにある橋で、船橋ヘルスセンターへのアクセスを目的として架けられた橋。

船橋橋は千葉街道の往来の為、海老川に架けられた橋なので今回紹介する橋に「新」と付いているが行き先がまるで異なる。

浜町橋

浜町橋は漁港を跨ぐために設けられた橋で、大神宮下駅から真っ直ぐ伸びる道を歩くとこの橋にたどり着く。この橋を渡って船橋ファミリータウンを抜けるとららぽーとにたどり着く。なので新船橋橋は新浜町橋なのではと思うが、新船橋橋という名前なので今更言っても仕方ない。

さて、何年か前からずっと工事中の新船橋橋は今どんな感じだろうか。

船橋

1年前から何も変わってないように見える。

既存橋の一部を耐震補強するそうだが、これはまだまだ時間がかかりそう。

両側に歩道がついたまともな橋になるのはまだまだ先のようだ。

そもそもどんな橋になるかもわからないけど。

新鎌ヶ谷でC-flyerに乗る

ある日、新鎌ヶ谷駅で電車を撮っていたら住宅都市整備公団の9100系が来た。

因みに新鎌ヶ谷駅は色んな会社の車両を見る事が出来て楽しい。

奥には新京成も見える。

新鎌ヶ谷駅で見た車両たち

9100系は端部にボックスシートがある。

公衆電話が設置されていた跡は荷物置き場として生かされている。

座席

 

ザ・モールみずほ16の思い出

今年の2月にザ・モールみずほ16が閉店したが、このとき初めて何気なく行っただけなので長距離無料シャトルバスの思い出くらいしかないが一応書いておこう。

羽村駅

この日、羽村駅で降りたのも偶々で、福生羽村どっちで降りようか彼女と話して良さそうだから羽村で降りただけなのだ。

因み降りた感想は

「湖の無い我孫子

「これなら我孫子の方がマシ」

であった事も覚えておこう。

そして西友好きの私は羽村駅前の西友へ行こうとした。

そこへ現れたのがこのバスである。

羽村市を知るには都合が良い。どこへ連れて行ってくれるのか分からないし、どんな施設に行くのかも分からないが、それほど遠くへは行かないだろうと踏んで乗ってみた。

シャトルバス

せいぜい5分くらいで目的地だろうと思っていたバスは10分乗っても全く目的地に着かない。

青梅線の駅から八高線の陸橋を渡り、瑞穂町という知らない町のショッピングモールに連れて来られた。こんな僻地まで来る人いるのか?と当時は思ったものだ。

着いた。

モールの中

今どきこんな中途半端なショッピングモールにわざわざ来るのかなぁ?と思っていたら閉店の張り紙を見つけた。

今や青梅線沿線に限らずこの界隈には沢山のショッピングモールがあるのだ。そりゃ閉店する。

バス停

時刻表

バス停は整っているしシャトルバスは何と箱根ヶ崎駅羽村駅の他に入間駅まで行くらしい。

つまり、このショッピングモールを経由して埼玉まで無料バスで行けるのだ。

パッとしないモールだがSAと考えればフードコートどころか書店まである超豪華な内容だ。

入間市ゆき

入間市駅行きのバスは西武バスカラーだった。

このバスで入間市まで行ったが途中、何台ものアウトレットモール行きの準急バスとすれ違った。あっちは満員だった。

もし瑞穂町に住んでいたら重要なインフラだったろうな。

最後に見取り図を。

見取り図

では。

新宿中村屋と館山中村屋

館山中村屋新宿中村屋の暖簾分けだろうと思っていたが違うようだ。

おいしくて新鮮なパン 館山中村屋

www.nakamuraya.co.jp

新宿中村屋を紹介します。

ロシアクッキーで有名な館山中村屋

千葉そごうとかでロシアクッキーを買い求めると結構美味しい。

本店は館山駅前にあり、館山バイパスや君津に支店がある。

この中村屋はどうやら新宿中村屋の前身の本郷中村屋が館山に移転してきたものだそうだ。

当時は夏だけの出店だったが本郷中村屋を任された長束実氏の子息が本格的に館山へ移り通年営業を始めたらしい。

因みに本郷中村屋を任されたのは相馬氏が新宿中村屋を出店する事になったからだ。

では本郷中村屋とは何か。

これは先にも書いたが新宿中村屋の前身。

もともと中村屋というパン屋があって、これを相馬愛蔵氏が買い取った物だそうだ。

当時の金額にして700円。居抜きで職人ごとだそうだ。

売主は相場に失敗したらしい。

相馬氏が買い取った中村屋で働き始めたので後に館山に店を出す長束氏。

中村屋がクリームパンを売り出した時期と長束氏が本郷中村屋で働いていた時期は重なるので、館山中村屋のクリームパンは日本初のクリームパンに近い物なのかもしれない。明らかにそこいらのクリームパンとは違うクリームなのだ。

相馬氏は職人ごと本郷中村屋を買ったので、もしかするとパンのアイデアは出したが作ったのは一職人かもしれない。経営者イコール職人とは限らないからだ。

館山中村屋新宿中村屋の暖簾分けなのか。

これは違うと思う。だって職人ごと買い取った店が本郷中村屋で、そこから移転したのが新宿中村屋。この創業前からいる職人から学んだであろう人が独立した店を新宿中村屋からの暖簾わけと言っていいのか。敢えて言うなら本郷中村屋が移転したのが館山中村屋だと思う。

当人たちはどう思っているのか、実際はどうかわからないし、本当に暖簾分けかもしれないけど、繋がりがあるからと言って簡単に師弟、暖簾分け扱いされるのはあまり愉快ではないだろう。

平塚中村屋はどうなんだろう。

高校再編

www.iwate-np.co.jp

要望内容は「県北唯一の専門高校で歴史もあるから残すように」との事なんだけど、歴史で言ったら最終的に岩手の高校は盛岡一高と一関あたりの高校くらいしか残らなくなるのではないか?

それに歴史があっても生徒数の減少が現実としてあるのだから、そこを上手く乗り切る策がないと今回は良くても次回の再編計画でまた出て来るのではないかと思う。

しかも、廃校ではなくて統合だから職業科を残す余地は充分あるんだよね。

東京→千葉の通勤特急まとめ

新型コロナ禍で若干ゆとりがあるとはいえ、帰宅時の通勤電車は相変わらず混んでいる。

今年の4から5月の頃みたいなゆとりアリまくりの通勤は今後も望めなさそうだ。

テレワーク可能な勤務環境でも全く通勤しなくていい。4月から1回も東京の会社に出社していないという人はそうそう居ないだろうから、忘備として帰宅に使用した列車を記しておく。

・快速のグリーン車

帰宅時に何十分も立っているのは嫌とか、そもそも満員電車が嫌という場合、まず考えるのがコレ。快速が停まる駅ならホームにグリーン券売機があるしどの列車にもグリーン車が連結されているので時間を気にする必要もない。

グリーン車とはいえ自由席なので満席だと座れないとか、同じ区間なら特急のほうが安い(特急券が500円くらいなのに対し、グリーン自由席券は700円以上)というのが欠点だろうか。

しおさい(東京→千葉)

時間と降車駅が合えば間違いなくお勧め。

利点が同時に欠点でもある。

つまり列車自体が少ない。

確か9本程度。

18時過ぎか20時前に仕事が終わった場合はそれぞれの時間帯に設定があるのでいいが、17:30とか19時に仕事が終わったという場合は東京駅で結構待たないといけないので特急の利点が半分以上削がれてしまう。

毎時1本あると便利かと思うけど東京→銚子にそんなに需要はなさそう。

・さざなみ/わかしお(東京→蘇我

両方合わせると毎時2本も設定がある。東京を出ると蘇我まで30分近く停まらないので、東京を出たら隣席に誰か来る事もないという気持ち的ゆとりも大きな利点だ。総武本線特急は東京を出ると錦糸町に停まるが、京葉線では錦糸町に相当する新木場には停まらない。それでいいのかという疑問もあるがまぁいいや。

5両編成だがほぼ全てが自由席なので好きな席を選べるのもいい。

ただ、東京駅京葉ホームは恐ろしく遠い。そして深い。

千葉側も着駅が千葉ではなく蘇我なのがなんとも残念な点。

蘇我駅では各方面への接続がいいのがせめてもの救いか。

特急料金は、しおさいと同じ500円ほど。

成田エクスプレス(東京→千葉)

総武本線最速の列車。

3月までは毎時30分に一本設定があった。

名前の通り成田(空港)へ行く為の列車だが、通勤時間帯は千葉や佐倉にも停まる。

全席指定で特急料金も房総特急と違い1200円と高い分、常に座席にゆとりがある。

高い特急料金がメリットでもありデメリット。

車内は全体的に高級というか落ち着きがあるが、足乗せ台が無いとかトイレが両端の車両にあり3・4号車からは遠いなど、所詮は短距離特急だなという感じも見逃せない。

総武本線東葛地区から気軽な特急列車を追放した挙句、東葛を無視するという迷惑列車の側面もある。

・あずさ50号(新宿→千葉)

東京駅からではないけど、東京方面からの列車という事で。

全車指定だけど指定するのはいつでも良いと言うJR東日本の新幹線と似たようなシステムを採用してる。特急券を事前購入するか車内精算とするかで料金に差が出る。自由席グリーン券と同じシステム。

昔は3本あったけど今は1本しかないのでタイミングが合えば使う程度のレアさ。

新宿千葉間には実質的にこの1本しかクロスシート車が無いので中央線にクリーン車が登場するまでは頑張って欲しい。

そもそも通勤の為に走らせてる訳ではないからこのままでも良いのか。

船橋に停まるので東葛にも優しい。

イブニングライナー(京成)

船橋八千代台など京成線内で需要が大きそうな駅に停まる。成田スカイアクセスが出来る前のスカイライナーを彷彿とさせるが京成線内の追い越し設備の数の所為か、いまいち終始煮え切らない速度で船橋まで走る。

料金券は指定券なのになんと400円台。総武線で定期券通勤をしていなかったら積極的に使っていきたい。ただ、京成線とJR線は完全併走していない。京成千葉線イブニングライナーは無いので積極的に使えるのは船橋と佐倉くらいか。

全席指定なので隣にデカい人がいると料金券を返して貰いたくなるくらい不快。

船橋は停まるのに津田沼は通過する。

船橋での緩急接続がいまいち。イブニングライナーの次に快速特急が来るので谷津の人は利用しづらいだろうなと思う。谷津は結構大きな団地地帯なのだ。

京成船橋、なんであんな棒線駅にしてしまったのか。

 

・結論

どの列車も一長一短だが、定期券を持たず、船橋・佐倉に住んでいるならイブニングライナーを選んでも良いかもしれない。

千葉に住んでいるなら「しおさい」を使いたい。蘇我に迎えに来てもらえる。蘇我→千葉は各停も混んでないから良いと思うなら「さざなみ/わかしお」もいいかもしれない。

成田エクスプレスは快速グリーン車が指定席になったと思えば利用できるかもしれない。

千葉あずさは登山帰りの気分をあじわいたい人向け。

 

いろいろ混雑を避けて座って通勤出来る列車を列挙したけど、最適なのは出社時刻を遅くして、帰社時刻を早める。出社しないと出来ない事以外は在宅で片付けるのが吉だよ。