宮古〜室蘭にいよいよフェリーが就航するのであれこれを

いよいよ2018年6月22日。これを書いて3日後に宮古にフェリーが就航するのね。
待ちに待ったといったところだ。
本当は、道東方面。釧路とか十勝(広尾)に就航してほしかったのだが、室蘭の方が確実に需要はあるだろうし、八苫航路の増強的性格もある航路なので、まずはいいのかなと思う。
それに恐らく、フェリー航路誘致に熱心だったのは宮古より室蘭の方だろうしな。

ところで、宮古でも30年ほど前からフェリー航路誘致の活動を行っていたのは今回の河北新報の記事で初めて知った。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180614_32024.html
<航路快拓 宮古―室蘭フェリー就航>(上)悲願 港湾復興期待の象徴

その時は、釧路方面の航路を狙っていた様子。
近海郵船の東京から釧路航路にサブリナとブルーゼファーが就航したのは90年だから、釧路がまだ活気を保っていた時代だから釧路を狙っていたのか。それとも八苫との競合を避けたのか。
とにかく東北と道東を結ぶ航路は無かったはずだから、釧路宮古航路はあればなかなか便利に使われたかもしれない。
ただ、当時の岩手沿岸の道は今みたいにもう数年したら高規格道路が全通するなんて時代じゃないし、106号線だって碌な道じゃないので、いくら東京釧路航路が2日かかるといっても、やはり宮古釧路航路は港までのアクセスで苦戦したかもしれないな。

さて、私は岩手に縁があるので、岩手側からの事を主に書いているのだが、今回も岩手側の事だ。
まず、宮古フェリーターミナルには家畜用の水飲み場が整備されているらしい。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171222_32001.html
宮古−室蘭間カーフェリー就航まで半年 宮古、ポートセールスが課題

ほかのフェリーターミナルがどうかは知らないけど、きっと当地の貨物事情に即した設備ってのが各フェリーターミナルにはあるんだろうなぁと思わせる記事だった。

次にフェリーターミナルまでのアクセスについて。

http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/14995/
宮古⇔室蘭 間のフェリー就航に伴う、アクセスバスの運行予定について(H30.6.22〜)

県北バスでは宮古駅からフェリーターミナルまでのアクセスバスを走らせるらしい。
宮古駅からフェリーターミナル行きが土日。
宮古駅からフェリーターミナル経由で船越駅に行くのが平日。

  • 平日  船越駅前行き      宮古駅前発06:55 フェリーターミナル着07:05
  • 土日祝 フェリーターミナル行き 宮古駅前発06:55 フェリーターミナル着07:05

フェリー専用シャトルじゃなく、路線バスがフェリーターミナル経由になったってのがいいと思う。

フェリーターミナルからはなんと106急行がシャトルバスとして運行するようだ。
106急行は名前の付いた長距離路線バスだから勿論、宮古市内でも乗降可能。盛岡にバスで直行することも可能。
ただ、106急行自体はトイレ付車も導入されている中、該当便はトイレ付ではないのがちょっと残念。
でも、106急行がフェリーターミナル発ってのはかなりいいと思う。

盛岡からの場合、宮古に前泊するしかない状況は決定だが、北海道から来た場合は、宮古を通過するもよし、宮古で何かうまいものを食べて、県内各地、あるいは東北、東京方面を目指すのもよしという環境だ。

そして、県北バスとフェリーの組み合わせと言えば「なかよしきっぷ」とか「俺の旅、何とかきっぷ」を思い出すのだが、宮古室蘭でもやらないのかと思っていたらやっぱりやってくれた。

http://www.silverferry.jp/whatsnew/#5ad9f8a7-137c-40fd-8929-50b90a013c82
札幌・宮古なかよしきっぷ発売のお知らせ(申請予定)

https://www.silverferry.jp/attachment/5ad9f899-eeac-463a-8027-4bd40a013c82/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7%E7%99%BA%E5%A3%B2%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.pdf
札幌宮古なかよしきっぷ発売開始のお知らせ.pdf

宮古室蘭航路と室蘭札幌の高速バスがセットで6000円台のきっぷを出してくれた。
これで、岩手県民は東京ではなく札幌でも買い物が出来るわけですよ。
なんせ夜行バスで東京行くより安いもの。
しかも札幌は東京と比べて涼しいし。飯は旨いし。安いし。

室蘭との熱心さに比べて、宮古側の鈍臭い感じがなんだか不安だが、これからどんどん発展していって欲しい航路だと思う。

中心市街地活性化ってもう出来ないんじゃないの

衰退した中心市街地の活性化が叫ばれて久しい。
それに応える形で全国で活性化策が打たれているが、活性化策が功を奏して活気が戻った中心市街地を私は知らない。
イベントを行う、道路をカラー舗装化する、アーケードを外す、空き店舗を活用し何かする。学生の協力で何やらする等いろいろやっていることは知っているけどどれもこれもたとえば80年代或いは90年代前半の商店街の活気が戻ったなんて話は聞かない。
まぁそれは仕方ないと思う。だって人がいないところで商売したってものが売れるなんてことは無いんだから。
中心市街地が活性化しない理由の一つに「商店街の人達にやる気がない」という人がいる。
確かにやる気は無いのかもしれないけど、それ以前に商店街を歩いている人が居ないんだからやる気を出したところで果たして意味あるのかなと思う。
逆に、やる気が有ろうがあるまいが、人がたくさん通行している所は商店街として成り立っている。大して美味くも無いのに行列の出来る飲食店、品揃えが悪いのに客がいる雑貨屋。にぎわっている商店街では別に珍しくもない光景だ。
中心商店街と郊外の大型SCの違いは「人の流れがある所で商売をする」か「人の流れを作って商売をする」かだと思う。
徒歩やバス、鉄道を主たる移動手段としていた時代は地方では過去の話である。今は幹線道路沿いのお店に車で買い物に行く時代だ。今はと言っても20年も30年も前からそうなっているし、この流れはまだしばらくは続くだろう。
中心部に活気を取り戻したいのならとりあえず広い駐車場は必須だろう。なぜなら来るんは楽だから。バスや鉄道よりは絶対に楽である。地方で車を持たない生活をして、東京でバイクやカーシェアを使っている私が言うのだから間違いない。
鉄道は正確だから時間が読めると言ったって、鉄道が自分の時間に合わせて来てくれる訳じゃないし、階段の上り下りの面倒くささや、知らない人が隣に座ってくるストレスを考えれば鉄道を利用する意味が見いだせない。
バスはノンステップで前清算なら乗っても良いかもしれない。本数とスピードがネックだが。
公共交通が不要だとは微塵も思わないので、利便性を向上させる動きを怠らないでほしい。
中心部の小さなスーパーと、郊外の大きなスーパーがあったらどっちに行くだろう。普通は郊外の大きなスーパーに行くだろう。
中心部に大きなスーパーがあれば行くかもしれない。でも中心部の中心部に大きなスーパーがあったところで人の流れは中心部に向くだろうか。中心部の人が買い物して終わりかもしれない。
だが人の流れが無いのが今の中心部なのだから流れを作らない事にはどうにもならない。
なので、日用品を扱う店をやるより、生活必需品じゃないけど、あると生活が豊かになる物を扱う店をやったらどうだろう。
そうやって小さな流れを各店で作って、20年30年かけて中心部への人の流れを少しづつ取り戻していくのだ。
ざっくりと、そんな事を思った。

吉60−6系統吉祥寺駅行きに乗るの巻

6月のダイヤ改正により、吉60系統・成増町〜吉祥寺駅線に新しい仲間が加わった。
それが今回調査した吉60−6系統だ。
因みにこの系統とついをなす系統が吉60−5系統「立野橋」行きだ。
立野橋バス停は関東バス青梅街道営業所と上石神井駅の間にある。
上石神井駅のひとつ前なら、上石神井駅まで行ってしまえばいいのに何故行かないのか。それはこの立野橋付近の道路事情が改善された事による。
因みに吉祥寺駅から上石神井駅に行く系統は吉60−4系統「上石神井駅循環」と言う。

とっても枝番が多いのがこの吉60系統の特徴だ。

今回は8時35分水道端発のバスに乗ってみた。
吉60−6系統は水道端発吉祥寺駅行きなのだ。

8:30過ぎ、関町2丁目交差点を通過する吉60-5立野橋行き。
この時点で乗客は一人。それも水道端で降りる。
8:37分。2年ほど前に拡幅された千川通りを回想でやって来たバスが一台。

これが水道端発吉祥寺駅行きの吉60-6だ。
水道端から乗るのは私を含めて2人。
それ以前にも一人待っていたがその人は関東バス武蔵野大学行きに乗って行った。
この時点で5分遅れである。
吉祥寺通り入り口交差点で、武蔵関方面から来て右折待ちしている吉64に先行する。
吉祥寺通り入口バス停で7人乗車
この人たちは、もし吉64が先に来たらそっちに乗ったのだろうか。
次の東京三育小学校入口では4人乗車。
関町南2丁目では6人乗車
武蔵野寮前2人乗車
立野町9人乗車
武蔵野第四小学校2人乗車
東京女子大、サンロード入口では乗降なし。
結局すべての乗客が吉祥寺駅で降りたのだ。
サンロード入口で誰も降りないのは意外だった。
計32人である。

もしこれが吉64に乗る事になったらバス車内は身動き一つとることは出来ない程に混雑したことだろう。
因みに所要11分であった。
このバスが水道端を出る3分ほど前にも成増町方面から来た吉祥寺駅行きがあったのだが、これも満席であった。
この吉60-6系統には吉祥寺通りの各停留所から乗る客の救済と、吉祥寺通りを通過するすべてのバスの混雑緩和の2つの意味があるのだろう。
この系統が新設されて3週間経つが、すでに吉祥寺通りではこの吉60−6系統を狙って乗る客もいる。
道路の部分拡幅がバスの混雑緩和に役立っているいい例と言えると思った。
対をなす吉60-5はほぼ空気輸送だが、それはこの枝番に限らない。

因みにこの系統とほぼ差が無い吉60-4だが現在1往復しかない状況なので、もしかしたら外環の2が完成する前に消滅するのではないかと思っている。
最後に、吉祥寺駅に進入する西武バスたち。


朝の吉祥寺通りは大変なのだ。

宮古-室蘭間のフェリーが就航した場合のあれこれ2

前回は宮古からフェリーに乗る場合について書いた。
今回は室蘭から宮古に着いてからの事。
例によって岩手県北バスの時刻表検索を活用してみましょう。

http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/regular/bus_search/
ホーム > 路線バス > 路線バス 時刻表・経路・運賃 検索

前回も書いたが、宮古フェリーターミナルから一番近いバス停は「市民会館前」
ここから宮古駅に行くとすると

  • 平日

B21(市民会館前)-宮古駅前         07:13 07:25 2.6km 160円
B43(船越駅前・山田中央町・柳沢)-宮古駅前 07:15 07:28 2.8km 160円

  • 休日

B41(山田中央町・柳沢)-宮古駅前 07:36 07:49 2.7km 160円
B31(重茂車庫・白浜)-宮古駅前  07:40 07:55 2.8km 160円
現状だとこれが一番早く市民会館前を通過するバス。
宮古に午前6時に着いて1時間以上バスが無いのはあんまりだと思うが、現在はこんな時刻ですよと言う事で。
始発のバスに乗り宮古に着いたとして、そこからは106急行に乗ってみる。

http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/1074/
盛岡⇔宮古/山田・船越(106急行バス
岩手県北バス

平日だと宮古駅前6番乗り場から7:35、休日だと同じく8:05に乗る事になる。
7:35の急行バスの盛岡着時刻は9:50だが、休日に乗るであろう8:05の急行バスは盛岡着10:20
因みに、7:35の前に7:05というのもあるが、これを使うためにはタクシーを利用する事になりそう。まぁ宮古駅まで30分以上歩けばタクシーを使うこともないんだけど、そのタクシーだってせいぜい1200〜1500円ってところだろうから相乗りすればそんなに高くはないのではないかと思う。

次に鉄道はどうか
宮古フェリーターミナルに一番近い駅は磯鶏駅だ。現在は運休しているがフェリー就航後に三陸鉄道として復旧するとのことなので、時間が合えば有効な交通手段かもしれない。
手元にある時刻表が2009年のものなので何とも言えないが多分運休前の2011年3月でも似たようなものだったろうと言う事で比較

  • 全日

釜石発6:21→磯鶏発7:56→宮古着8:00
これが宮古行きの始発である。
宮古へ行く高校生に最適化された時刻だと思う。

バスだと宮古に行くのが最適だが、鉄道の場合は反対の釜石方面も乗り換えなしで行けるので、そっちも調べた。

  • 全日

宮古発6:23→磯鶏発6:26→釜石着7:35
この列車だと釜石発7:40の快速列車に乗り継いで遠野・花巻方面へ行けるので鉄道利用なら釜石・遠野・花巻方面を推したほうがいいかな。
因みにこの快速列車は10:02に盛岡着なので、山田線利用で盛岡に行くより早く着くのだ。
これはあくまで2009年の時刻表に依るのだが、復旧後は三陸鉄道になるので、釜石からそのまま南リアス線に直通するかもしれない。

  • 結論

宮古方面はバス。釜石・遠野・花巻・盛方面は鉄道利用が最適。
盛岡へは休日か平日かで変わってくる。

  • どうしてほしいか

フェリーが宮古に着いてから宮古市街まで行くのに現状だと相当待たされるので

    • フェリーターミナルを6:20頃に出る106急行バスが欲しい。

フェリー就航後にどうなるかはわからないが現状の時刻を見る限り、宮古に着いてからフェリーターミナルで足止めを食らうことになりそうなので、
宮古駅前までのシャトルバスを出してほしいところ。
そのシャトルバスが106急行だとなお便利かなと思う。
ただ、山田・船越から出る106急行が似たような時間に運行されていることを考えると無理だろうなとも思う。

そんなこんなで宮古に着いたらどうするかを考えてみたのでした。
ではまた。

宮古-室蘭間のフェリーが就航した場合のあれこれ

既知の通り平成30年(2018年)から宮古-室蘭にシルバーフェリーが就航します。
従来八戸-苫小牧に就航していたフェリーのうち一隻を宮古-室蘭航路に充てるみたいで一日一往復でのスタートのようです。
ダイヤもおおむね判明していて宮古着が午前6時。宮古発が午前8時のようです。

http://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/miyako-muroran-ferry.html
岩手から北海道へ直通!
平成30年6月 宮古・室蘭フェリー定期航路開設
宮古 ⇔ 室蘭 のみち』
宮古市

http://tabiris.com/archives/miyako-muroran-2/
宮古〜室蘭フェリー航路の時刻表が発表。室蘭発が夜行便で、青春18きっぷに新たな「ワープルート」ができる!
タビリス

https://www.silverferry.jp/attachment/57149357-1540-442d-8849-0bb60a013c82/%E6%96%B0%E8%88%AA%E8%B7%AF%E9%96%8B%E8%A8%AD%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%8E%9F%E7%A8%BFv2.pdf
宮古/室蘭航路開設のご案内(2016年3月7日)川崎近海汽船株式会社
http://www.silverferry.jp/
シルバーフェリー

と言う事でいろいろ考えてみたいのです。
まず

  • 宮古へはどう行くのか(盛岡から)。

宮古発が8時なのでフェリーターミナルには30分前には到着しておきたい(車を利用しない人と言う事で)。
盛岡から宮古はバス・鉄道では2時間と考える。
となると盛岡は午前5:30には出発しないといけないわけです。

  • 土砂崩れにより運休しているが山田線は使えるのか。

宮古行きの始発は快速リアスの11:08なので問題外。
鉄道を使いたい場合は盛岡発宮古行き最終の19:06に乗り宮古21:35分着で宮古に宿泊です。或いは花巻から釜石線、近々三陸鉄道になる山田線宮古-釜石間を利用し何れにしろ宮古に宿泊と言う事になりそうです。
では

  • バスならどうか。

盛岡から宮古と言えば岩手県北バスの106急行です。
始発は

http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/1074/
盛岡⇔宮古/山田・船越(106急行バス
岩手県北バス

サイトによると5:45分で宮古着が8:00です。

ふむ。
結論から言うと「盛岡から室蘭行きのフェリーに乗るためには宮古に宿泊する必要がある」ということですね。
因みに宮古フェリーターミナル最寄りのバス停は市民会館前なので、宮古駅前からフェリー連絡バスが出ない限りはこのバス停から800から900m徒歩です。あるいは磯鶏駅からフェリーターミナルにアクセスする手もありますが、歩く距離はあんまり変わりませんしバスでも160円なので大人しくバスを使ったほうがいいかもしれません。
詳しくは岩手県北バスの時刻表検索を活用しましょう。

http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/regular/bus_search/
ホーム > 路線バス > 路線バス 時刻表・経路・運賃 検索

現状のダイヤなら6:55分発B41系統船越駅前行きに乗り市民会館前7:03着が一番いいのではないだろうか。
これを逃すとバスは40分後のB41系統。或いは45分後のE05系統になるが、フェリーの発時刻を考えるとお勧めしない。
6:55発を逃したらフェリーターミナルまで3km走るかタクシーを使おう。鉄道は時刻が発表されていないので分からないが、もしかすると使えるダイヤかもしれない。

  • どうしてほしいか

といってもとりあえずは無事就航してほしいのですが、ちょっとアクセスについての希望でもと。

これは宮古に宿泊しなくてもフェリーが使えるようにして欲しいって意味で。まぁ八戸からもフェリー出てるんでそっちでいいとも思うんだけどやはり盛岡に住んでいれば盛岡を早朝に出てフェリーに乗り込んでみたいもの。

    • フェリーターミナル行きの106急行が欲しい。

つまり盛岡を5:15分に出る106急行が新設されたならそれはフェリーターミナルへのシャトルも兼ねてほしいと言う事です。
とりあえず盛岡からのフェリー利用についてはこんな感じ。
次回以降はフェリーで宮古についてからのお話。

見た目も綺麗に無段差化


今日気づいたのですが、映画館通りのカラー舗装が手直しされていました。
以前から段差解消のためにアスファルトで縁石と車道の段差を埋める施工がされていましたが、以下にも緊急と言った感じで見苦しいものでした。

今回は抜本的に改良され、従来のタイル施工から、カラーアスファルトに模様をいれた感じに変わりました。

段差も車道に合わせて下げるのではなく、歩道に合わせて、車道側を緩やかにあげる形になっています。
見た目も綺麗になり、いい感じですね。
ただ、他のところはタイルが壊れたらそのままアスファルトで埋める施工のままのところもあるようなので、経過を見守ろうと思います。

荒れるに任せた交差点部分。

短歌甲子園を見学した


昨日、見なれない制服の高校生が街をウロウロしていたので何かと思ったら、短歌甲子園の為に来盛した人だと判明。
開催場所を探して午後に行ってみました。
歌の感想はここで述べても仕方ないので言わないが、大会自体はもう少しなんとかならんのかと思う。
まず審査員の質問が面白くない。
全然歌への思いを引き出せていない。
トンチンカンな回答にも
「分かりました」
済ませる。
多分、絶対一人は質問するように順番を決めてるんだと思うが、
「〜〜はどんな感じですか?」
なんて漠然な質問してどうする。
審査員は審査に徹して、歌人同士で質問しあった方が面白いんじゃなかろうか。
1試合12分かかるし、それが36試合もあるんだから時間的に質問が一つだけになるのも分かるが、せっかく考えた歌が「処理」されて行く感じはどうにも盛り上がれなかった。
BS俳句王国や、俳句甲子園をイメージして短歌甲子園に行くとそんな不満を抱くのでした。